男子ダーツプロ

マイケル・ヴァン・ガーウェンのセッティングからグリップから調べてみた!

更新日:

マイケル・ヴァン・ガーウェン画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=JlGrBQHeUXs

オランダのダーツプレイヤー「Michael van gerwen(マイケル・ヴァン・ガーウェン)選手のバレルセッティングやグリップ、そしてフォームがわかる動画を紹介しています。

 

また年齢や出身地などのプロフィール掲載しているのでチェックして下さい!

 

マイケル・ヴァン・ガーウェンのバレルセッティング

マイケル・ヴァン・ガーウェンのセッティング1

画像出典:https://www.amazon.com/Michael-Van-Gerwen-XQ-Max/dp/B00VVFQ16U

 

使用しているバレルは23g Mighty Mike XQ-Max Dartsです。

参考:http://www.dartsdatabase.co.uk/PlayerDetails.aspx?playerKey=1395

 

バレルスペック
  • 材質:タングステン90%
  • 重量:23.0g
  • バレル全長:53.3mm
  • 最大径:6.3mm

 

またフライトなどの情報は上記参考サイトに記載がありませんでしたが、あの有名なドリーさんのブログに貴重な画像があったので引用させて頂きます。

 

画像出典:http://www.dolly1129.com/archives/2017-01.html

 

フライトの柄でわかるかもしれませんが、一番左にあるのがマイケル・ヴァン・ガーウェン選手のセッティングです。

因みに左から2番目から順に、

  • ギャリー・アンダーソン
  • ピーター・ライト
  • エイドリアン・ルイス

だそうです・・・(驚)

 

マイケル・ヴァン・ガーウェンのグリップ

マイケル・ヴァン・ガーウェン選手のグリップはこんな感じです。

画像出典:https://www.pinterest.co.uk/pin/635429828647255950/

 

やや深めの4本グリップですね。

ダーツに接している面がかなり多く感じます。

 

それにしても手首の反りがすごい。試してみましたが、腱鞘炎になりそうです(汗)

 

フォームが分かる動画を紹介!

Michael van gerwen(マイケル・ヴァン・ガーウェン)選手の動画は多数ありますが、結構ボードにフォーカスしてしまう場合が多いです。

 

その中でも比較的フォームがわかりやすい動画がこちら。

 

すごい肩抜き(肘引き)ですよね。

そして投げるペースがはやい!

正直いろんな意味で脳の中をのぞいてみたいです(笑)

 

自分ははじめて彼の投げる動画を見たとき、まだ肩抜きの存在を知らなかったので違和感のある投げ方だなという印象を受けましたね。

 

あと、投げ方がもっとわかりやすいGIFアニメを見つけたので引用します。

マイケル・ヴァン・ガーウェンのスローGIF

画像出典:https://9darts.black/2016/08/16/michael-van-gerwen/

 

それにしても彼はいつから肩抜きをしだしたんですかねぇ~

気になって古い動画も探してみたのですが、2007年の動画時点でも既に肩抜きしていました。

 

まだスキンヘッドじゃなくて髪の毛がありますね~

 

年齢や出身地などのプロフィールを紹介!

 

Michael van Gerwen(マイケル・ヴァン・ガーウェン)選手はダーツプレイヤーです。(言うまでもないw)

 

出身地はオランダのボクステル

生年月日は1989年4月25日なので、今年2019年でちょうど年齢が30歳になります。

また、彼がダーツをはじめたのは13歳の頃なのですでにダーツ歴17年ですね。

 

因みにダーツをはじめて約4年後にはワールド・マスターズで優勝

その翌年にはマスターズでナインダーツを達成しているのだから驚きです。

 

その他の戦歴は以下サイトに詳しく掲載されていますよ。(英語)

http://www.dartsdatabase.co.uk/PlayerDetails.aspx?playerKey=1395

 

SNS情報など

 

まとめ

 

ダーツプレイヤーMichael van gerwen(マイケル・ヴァン・ガーウェン)選手バレルは、23g Mighty Mike XQ-Max Darts。

なお、セッティングの具体的な情報は記載されていませんでした。

 

そしてグリップはやや深めの4本で、フォームは肩抜きとはやさが特徴的です。

 

因みにオランダ出身の彼は13歳からダーツをはじめ約4年後にはワールド・マスターズで優勝するほどの実力に成長したようです。

 

 

まだまだ若いので今後が楽しみで仕方ないですね。

自分は彼のフォームを参考にしているので余計に楽しみです♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

-男子ダーツプロ
-,

Copyright© MkTのダーツブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.